履物 さんえすについて

履物 さんえすは浅草の中心地にある仲見世通りで唯一の和装専門の履物店です。 履物店としてはまだまだ若いですが、日々新たな履物のスタイルを模索しながら伝統と 今の時代にあった履物作りを目指しています。 自社で工場を持ち製造しているため、素材からお客様に選んで頂きオーダーメイドでお作りすることが可能です。 探してもなかなか見つからない履物などがあるお客様は、是非一度当店にご相談ください。

下駄

今では、木でできた履物を総称して下駄と呼んでいます。古くは「足下」と呼んでいました。平安朝初期(西暦800年代)には、足駄と書かれるようになり、江戸時代初期までは…

草履

草履という呼び名は平安朝(806~1183年)以来の語で古くは濁らずに「さうり」と呼んでいたとあります。平安朝の初めには「浄履」という僧侶の履物が有り、…

雪駄

雪駄が用いられたのは貞享年間(1684~1688年)元禄年間(1688~1704年)からで、それまでは上方製

アクセス

浅草 仲見世通りの東側、雷門から数えて4軒目にございます。 東京メトロ銀座線 浅草線から徒歩3分 都営浅草線 浅草駅A4出口から徒歩3分 東武伊勢崎線 浅草駅から徒歩3分 TEL:03-3841-0223